きゃわいいは作れるのか?

わたしが見た美しい女性たちの備忘録だよ

ゴールドチェーンのネックレスの女とパーソナルカラー

 仕事の休憩中に、ホットヨガに行きたいのう...と思い都内のスタジオを調べていたら、後ろから覗き込んでいたアルバイトの大学生乙女メンA君が、「すごい!僕なたちきさんとホットヨガに行きたいなって思ってたんです!」なんてかわいいことを言うので、きゃっじゃあ一緒に行きましょうよ!ということで人生初ホットヨガに行ったよ。

 

 迎えてくれたヨガの先生はゆるいヨガパンツ、タンクトップにゆるくまとめた黒髪、少し日焼けした健康的な肌に細すぎない身体、しっとりしたハリのある肉感。20代前半ぐらいで、あどけなさが残る可愛い顔立ち。劇的な美人!というわけではなかったけれど愛嬌のあるカワイイ人だなあ…という第一印象。芸能人でいうと、むっちりした小さい榮倉奈々さんのような人。

 

 ふと彼女のデコルテに目をやると、きっと遠目ではつけているのがわからないぐらいに繊細なゴールドのチェーンネックレスをしていたのです。トップにダイヤモンドやプレートなどなにもついていない、ただひたすら繊細なゴールドチェーンネックレス。ヨガという"スポーツ"をするときにぴったりなシンプルさ、潔さ。初めはラメが首筋についているのかと思ったほどで、これ以上の飾りがあればきっとそれは野暮ったく映っていたと思う。それが彼女が流す汗と相まってキラキラと輝いて否が応でも首筋とデコルテに目が行く。ヨガに集中できるはずない。エロ親父と化す私。

 

 もうこうなったら自分も同じようなエロい汗を流したい毎日の日課としてヨガやジョギングをする自分になりたい。そしてその時につけるジュエリー。ヘルシーやん?セクシーやん?エロいやん?おあつらえむきに私は相当な汗っかきで、大昔に野球のスタジアムでビールの売り子をしていた夏のある日、ひいきのチームはぼろ負けでビールも売れずでろんでろんに汗をかいて通路の隅で死んでいたら、そこに通りがかったおっさんが「おねーちゃん汗びっちゃびちゃだね!いいねいいね!」となぜか5杯もビールを買ってくれて、世の中にはこんな嗜好があるのだと思い知った出来事がありました。汗がとまらないなら、汗を武器にすればいいじゃない・・・!!汗かきをはずかしいと思う自分にさよならバイバイ。世の中には2種類の汗があるのだ。汚い汗と、セクシーな汗。そしてそのセクシー汗をよりセクシーに見せるのに必要なのは・・・シンプルなネックレスだ・・・!!さっそくあのお姉さんをまねっこどんどん!デザインはシンプルなのを選ぶとして、じゃあ自分に似合う色ってなんだろう??

 

 

 パーソナルカラーを知ろう

 世の中にはパーソナルカラーというものがあって、それは顔肌の色を①スプリング ②サマー ③オータム ④ウィンターの4つのタイプに分類し、自分がそのうちのどのタイプなのかを知ることで自分に似合う色や印象を知ってファッションやメイクに活かそうぜ!という診断方法だそうな。

 

f:id:natachiki:20161108103631j:plain

 こういう布を顔に当てて、顔映りを見て判断するのよ

 

 今このパーソナルカラー診断が話題で、どこのセミナー情報をみても1~2万円もする診断費用にもかかわらず大人気だそう。その中でも特に人気を博しているのが大丸松坂屋でやっているパーソナルカラー診断。45分間の診断で3240円とかなり格安で自分のパーソナルカラーを知ることができて、ファッションや髪色のアドバイスもくれるというお得なサービス。

 

dmdepart.jp

 

 ファッションやメイクに興味がある人、色の持つ力を仕事に生かしたい人、どんな服を着ればいいのか悩んでる人は一度受けてみるといいと思う。私なたちきは勤めていた会社のメイクアップセミナーで診断してもらったことがあって、ややオータムの要素を含んだスプリングタイプということでした。

 

 詳しい説明は省くけど、スプリング/オータムタイプはイエローベース(黄色味を帯びた)、サマー/ウィンタータイプはブルーベース(青みを帯びた)の肌色を持つ。これを知ることでどんないいことがあるかというと、たとえば自分に似合う口紅を買おうと思ったとき、自分がイエローベース/ブルーベースなのかを知っていると膨大にある色の選択肢が半分に減る。いちいち全部試してみなくてもざっくりと自分に似合う、似合わないが選別できる。ジュエリーの場合、イエローベースはゴールド系のジュエリーが、ブルーベースはシルバー系のジュエリーが肌に合う。なたちきのようなスプリングタイプはプラチナやシルバーよりも明るいイエローゴールドが肌に似合うらしい。

 

mery.jp

 

 あのヨガの先生はほどよく焼けた肌色だったけど、透明感のある肌にイエローゴールドがよく似合っていたなー。勝手な予想だけどあれはきっと恋人や友人からもらったものではないような気がします。彼女が自分のために自分で買ったもの。きっとなにかのご褒美だったり、願掛けだったり、お守りだったり、そんな意味合いが含まれているんじゃないかなあ。きっと毎日身に着けていて、自分の身体の一部のような。顔を洗って、歯を磨いて、お化粧をして、髪の毛を巻いて、その流れでつけるデイリーユースジュエリー。そういうものってダイヤ一粒のプラチナチェーンが定番で頭に浮かぶけど、まずは自分の肌色をより美しく見せてくれる色を知ることこそ、ベーシックジュエリーに必要な選び方かもしれないね。

 

 ちなみにその後ホットヨガをどうしたかというと、

「それでは呼吸を整えて・・・隣の人と挨拶をしましょう。ナマステー。」

という急なナマステと私は相性が悪かったようで継続は難しかった。こんにちはでよくね???と思ったけど、今考えたらアメリカ人が胴着を着て「押忍!」と言ってるのと一緒だな。「イェッサー!」じゃ違うもんね。

終わり。